根腐れ草
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/02/14//Tue.
お休みします
パソコンがぶっ壊れた。
俺の土下座エ門がぶっ壊れた。
実はパソコンに土下座エ門て名前付けてた。
このパソコンも長い付き合いだったが
お別れのときがきたようです。


全く起動しませんので。

今はネカフェです。

ということで少しお休みです。
もしかしたらまたどっかで更新するかもしれんけど、
不定期になりますね。

復活するのはいつになるのやら。

てかパソコン買える予定なんぞないぞ。
どうすんべえか。
えらこまった。
スポンサーサイト
2006/02/13//Mon.
アゴナシ
こんにちは。

日曜なのに。
現在夜中の2時です。
眠れません。

ということで唐突に漫画の話します。

「アゴなしゲンとオレ物語」

現在連載中。

物語は中年トラック野郎とそこのバイトの
日常をやるせなく綴っています。

ジャンルはギャグ漫画であります。
そして、
私のブログ同様、日常の何気ない出来事から
妄想が発展し、収拾つかないまま終る。
そんなショートストーリーなのですが、

特筆すべきは、作者の男感であります。
主人公の中年の駄目っぷりは
ハルマゲドン級でして、
なかなかの親近感を持たせられるナイスガイなのですが、
いざ、その男っぷり、勘違いも多分に含まれる
その男らしさたるや、
ダンディズム界No,1の草刈正雄ですらタンをローリングサンダーさせるほどであります。
いや、実際舌を巻いたかは知りません。
興味もございません。

男の友情、哀愁、劣等感、感動、リビドー、勝負心など、
男が男の為に男を勿て全ての男に捧ぐ、
男のバラードを作者の男っぷりによって書かれたその1コマ1コマが
男としての本能を必要異常に刺激し、
アドレナリンの代りに分泌される男汁が
私の全ての細胞に染み渡った時に解放される
男の咆哮を受け止めらる男の中の男によって
さらに私の中の原始の魂が揺すぶられ
それによって男としての熱い思いがまるでマグマの胎動のごとく、
そして男男言ってるとそのうちホモと間違われるので
そろそろやめます。

眠いし。




2006/02/09//Thu.
更新するか。
お晩でごす。


相変わらず疲れた顔した貴方。
元気?
顔通りに疲れてます?
筋肉番付風に言うならば
筋細胞の隅々に乳酸菌が染み渡って、上腕二等筋が悲鳴あげてます?
しっかりやすんでね。


愛想程度の挨拶した所でなんですが、
相変わらずネタなんか御座いませんで。

でも最近ね。困ってることがあるんです。

職場の喫煙所は社員以外にも人が入れるようになってるんですが、
そこにいつもおじいちゃんが居る。

ダウンにニットの帽子冠っていつもいる。
そのお爺様が少々ボケております。
ファーストインパクトの時は、
奥様が御一緒。
仲良く散歩がてらここの喫煙所に寄ったのでしょうか。
そこでおもむろに
お爺様が私に「タバコくれ」とせがむ。
俺は気持ちよくあげる。
そこに奥様が気付いて寄ってきて
「すいません。この人少しぼけてるんです。
 おじいさん!!タバコはポッケに入ってるでしょ!!」
おじいさんは聞いてるのか聞いてないのか知らんが
俺から受け取ったタバコを吸いもせずポケットにしまう。
「ああ、本当にすいません」
奥様が言う。

まあいいか。
と思ってたら翌日も居る。
今日はお爺様単品で来ました。
「タバコくれよ」
お爺さんがまた宣う。
私は昨日の事をふまえて言いました。
「おじいさん、ポッケにタバコ入ってるんでしょ」
「タバコくれよ」
人の話が聞こえない爺さんだ。
「ポケット探してみて。
 タバコはいってるんでしょ?」
「タバコくれよ」
人の話聞かないジジイだ。
人の要求は通さず自分の要求のみを通す。
893みたいなじいさんだ。

しょうがない。
またあげる。

最近コレの繰り返し。
奥様曰くボケてらっしゃるので
どうしたものか。

あげても吸わないし。
どうやらタバコを貰う事によって
じーさんのミッションは終了みたいで。
俺のあげたタバコはどうなっていくんだろう。

これでタバコチョコあげたらどうするんだろう。
これでただ紙切れを丸めたのをあげたら
どうなるんだろう。

いろいろ興味は尽きませんが、
なにせじーさんがタバコチョコや
只の紙切れに素直に火を着けられても叶わない。
っていうか年寄り虐めになってしまう。

なんか無害で爺さんを止めるほうほうはないのか。




2006/02/01//Wed.
電波が走った!!!
数年前の出来事を今、
この刹那の時に思い出した。
吃驚した。
走馬灯の様に思い出した。

俺は死ぬのか・・・・




死なないから続き書く事にした。
まだ、俺がメンタルの病気の存在を知らない頃。
今では心の病気については理解も深いが、
それとは別な電波な人がいる事すら
知らなかった。


ある夜、
もう2時をまわった頃だと思う。
携帯が鳴った。
ピロピロピロピロ・・・
無機質な音に目が覚め、
ピカピカ光る携帯を掴んだ。
知らない番号だ。とりあえず出るか。
「ふぁい、もすもす・・・」
「あ、もしもし、あたし」
寝ぼけて出た電話の相手は女だった。
「えへへ、今日も電話しちゃった」

誰だ?しらん?
そもそもこんな夜中に電話かけてくる
非常識且つフレンドリーな女友達などいない。
女曰く
「昨日の話だけどね、やっぱ行くね。」

何を言っているのか。
何処へ行こうというのか。

「あ、うん」俺適当に答えた。

「今週の日曜良いって言ってたよね?」

言っていない。その前に誰だ。

「日曜か、暇だなあ」俺適当に答える。

「じゃあ、日曜に会おうね!!」女が言う。

誰だ、誰が俺と会おうと言うんだ。
なんで俺は知らない奴とデートするんだ。
我慢の限界、お前は誰だ。
聞く。
「あれ、着信見ずに携帯でちゃったんだけど、
 誰だっけ?」
俺は弱いので嘘を交えながら聞く。
「え・・昨日も電話したのに覚えて無いの?
 私だよ」

「あれ、すまん。今寝ぼけててよくわからん」
嘘を交えながら聞いてみる。

女曰く、
俺は彼女をチャットでナンパしたそうだ。
彼女がエロエロなスタイルなのを聞いて
俺が食い付いたらしい。

覚えが無い。
チャットした事はあるが、
そんな女知らん。だいたい、携帯教えねえだろ。
そもそも俺のやってたのは『猫大好きチャット(うろ覚え)』だ。
猫好きに会えてもエロ好きには会えね。

「酷い。あんな喋ったのに覚えて無いの?」
「いや、喋った記憶も無いんだが」
「私と会いたいっていってたのに」
その「私」と交友をもった記憶も着歴も無い。
ただ、エロボディは気になる。

「で、日曜くるの?」
「は?そんな昨日の記憶も無いやつとなんか会わないよ」

なんか俺がバカみたい。
でもエロが気になる。
「いや、俺が昨日寝ぼけてて良く覚えて無いのかも知れん、
 昨日何喋ったっけ?」

彼女曰く、
お互いの自己紹介して(俺は自分でイケメンと言ったらしい)
お互いの仕事の愚痴を言い合った(俺は一流企業のエリートって言ったらしい)
お互いに共感が持てて、その内恋愛観の話になり
俺は今の彼女と別れたがっていたらしい(その時彼女いなかったのに)
で、女も今フリーだし、何かの縁かも知れないから、
今度会おうって話になったとの事。

なんだ、俺の現実と1個も合致して無いじゃないか。
悲しいくらい違うじゃないか。リアルと3馬身差位あるじゃないか。
彼女の中の俺は凄い奴じゃないか。
っていうか俺じゃねえだろ。

「うーん、やっぱ俺記憶ねエな。
 間違いじゃね?でもコレもなんかの縁だし・・・」

言いかけた所で「プツッ」と電話切れた。

何これ。俺がモヤモヤしただけじゃない。
誰だよ。最後まで解らねえよ。

取り合えず俺はエロを取り逃がした。
変ながっかり感がある。

あほか。寝る。



ってその30分後、携帯鳴る。
また奴の番号だ。
「ふぁい、もしもし」
「えへへ、私。覚えてる?」
「さっき電話したがな」
「え?誰と?私意外に女がいるの?どうなの!」

今度は怒られた。わけわからん。
「で、あなた誰?」
俺が聞きたいわ。お前誰だ。
「いや、君は誰?」同じ事聞く俺。
「私覚えてないの?昨日話したのに」
そして、彼女は先刻と同じ説明をする。

まるでリカちゃん電話みたいだ。
頭が痛い。
でもめげずに
「コレも何かの縁だから今度会わな・・」
「プツッ。ツーツー・・・」

また切れた。
頭痛い。3時だよもう。ねる。



次の日起きたら留守電があった。
聞いてみる
「一件のメッセージがあります・・・・ピー(再生音)
 ガサゴソ・・・キヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!!!!プツ、ツーツー」

うーん、頭痛い。
なんなんだ。


その後、その番号は「使用されてません」になってた。

これ今思い出したんだが、
あの女は同じ電話をいろんな奴にしてるだろう。
そして、今だから思う。
あの女は電波だ。
そして、おそらくエロボディなんて持ってやしない。












プロフィール

土下座エ門

  • Author:土下座エ門
  • 1986569代目 中村土下座エ門になりました。
    先代が退職したので代替わり。
    好きな味噌は赤味噌。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

template by 白黒素材