根腐れ草
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/05/28//Sun.
あの丘を越えれば海が見える
小学校の国語の教科書で読んだ、
ショートストーリー。
少年は海を見るために歩きつづける。
その道の先に海があるのは知っている。
ただ、その道を自分で歩いて、自分の
足で海を見たかった。
幾数の丘を越え、疲れと共に
諦めの心が浮かんだとき、
彼は、道の先に広がる空に水鳥が
飛び立つのを見た。

って話。

今日は長文を書いてみようと思う。
ダラダラ書くので、見るだけ無駄。
スポンサーサイト
2006/05/27//Sat.
酒飲んだ
お酒飲んだ。

おなかいっぱい。

きもちわり。

ねる。
2006/05/24//Wed.
俺が№1だ。
俺がまだ大学生だった頃。

バイト先の飲み会を終え
チャリにて気持ちよく帰宅。
午前様です。
家族を起こさないようにこっそり玄関をあける。

おや?
父と妹の話し声が聞こえる。
どうやら妹も帰りが遅かったみたいで
お説教喰らっている様子。

「お前もちょっと来い」
僕も呼ばれました。

そうですね。
僕もまだ扶養されています。
学校行かせて貰ってます。
妹と立場変わりません。
妹が怒られているのに
僕が怒られない理由はない。

居間に入る瞬間、はと気づく。
「ヤバイ。今化粧されてるんだった。」

そう、バイトの女どもにもてあそばれ、
メイクされたまま
帰ってきてしまった。

これはいけません。
クレンジングしてる余裕もありません。
取り急ぎ、顔を隠す道具は・・・
メガネかけてみました。

で、早速説教の場へ。
妹が怒られている横へちょこんと座る。
うつむき加減で。

で、二人で怒られる。
妹は恐怖と怒りが入り混じった顔をしている。
そう、「私はもう子供じゃない」という
気持ちと、まだ「父が怖い」という高校生
特有の感情が入り混じった表情だ。

若いっていいですな。

でも横で怒られている兄を御覧なさい。
メイクをしています。
俺のほっぺ赤いでしょ?
チークって言うらしいよ。
今日初めて知ったよ。
と、妹にテレパシーを送る。

「高校生が夜遅くになって!
 羽目を外し過ぎるな!!」

父が怒る。
妹の顔に怒りの色が見える。
「たまにはいいじゃん!!」という
妹の心の声が聞こえる。

でもどう考えたってハメはずしているのは
僕です。
グロスっつーの?コレ。
唇がテカヌメしています。

「お前もだぞ!」
父が俺に向かう。
気づかないようです。
顔が影になっているからか。

「はい。その通りです」
謝る姿勢は社会人になった今も一緒です。

「気をつけます」
そういいながらふと、思う。

どう考えても今、家族で一番可愛いのは
僕でしょ、これ。
どう考えても妹よりも
睫毛はカールしているし、
目元なんか超絶べっぴんだ。
なんか髪もサラサラだし。
私が№1だ。

妹は未だに俺の化粧に気づかない。
そんなにナチュラルメイクか。

「こんな夜遅くなって何かあったら
 どうする!物騒なんだぞ、今は!」
父が怒る。

「こんな田舎で夜中誰かいるわけないじゃん!!
 人もいないからオカシイ人なんていないよ!」
妹の反論。
的を射ている。

しかし、君の横にはオカシイ人が
一緒に怒られている事を忘れてはなりません。
今の兄はどう見ても変態です。

「ともかく以後気をつけるように」

説教が終わる。
俺は急いで洗面所へ。
早くメイクを落とさねば。
えーと、クレンジングは・・・

ふと鏡をみる。


「あ、母ちゃんにそっくりだ・・・」

2006/05/19//Fri.
まあ駄目だな
のっぴきならない状況になった。
簡単に説明すると。

家に帰ったら
風呂が壊れてた。


正確に言うとガス給湯器が壊れた。
給湯器ごと取替えらしい。

どうすんのさ。

毎日銭湯じゃないか。

広い風呂は気持ちがいいじゃないか。

まったり入ってたら、家に帰るの
12時過ぎ。

寝不足

仕事に力が入らない

会社での信用が下がる

遂に遅刻

クビ

ビニールテント暮らし


想像しただけで恐ろしいコンボ。

ついでにさ、携帯の請求振込用紙ってあるじゃない。
あれね、数ヶ月前のでもコンビニで使えるって知ってた。
俺知らなかった。
俺間違えて、4ヶ月前の振り込み用紙使ってた。
そしたら、先月の請求額に足りなかったらしく
携帯止まった。

壊れたと思ってたら、未納だった。

そしてライフラインが二つ停止。




俺の生活が昭和に帰ってゆく。

2006/05/14//Sun.
いつもと違うこと
もうイッコ。

なんか携帯みると
不思議な言葉が。

「メールフォルダがいっぱいです」

ずっと蓄積されてたんか。
昔のから順順に消されて行っててるのか
と思ってた。

なのでメール全件消去。
たぶん大事なメールも残ってたかも
しれないけど全件消した。

なんだかすごい
やっちまった感があるが、
大事なものは覚えてるし、
そもそも・・・・
まあいいや。
寝る。







2006/05/14//Sun.
毎日が楽しいのかな?
ある知人の娘との会話

「あ、お兄ちゃんに会いたかったんだ!!」
「お、そうか。うれしいね」
「あれ?髪の毛切った?」
「うん。少し切ったよ」
「なんだか子供みたい。変だよ?」
「ちょw、酷いなwこれ、びしっと固めると
 かっこよくなるんだぞ」
「へぇ~(ニヤニヤ)。」
「(;^ω^)」
「あ、○○ちゃん(彼女の妹)に
 誕生日プレゼントあげたでしょ?」
「うん。君も誕生日来たらあげるからまっててね」
「あたし明日誕生日だよ!!!」
「いやいや、まだ先でしょ」
「うんとね、毎日誕生日なの!!
 毎日頂戴!!」
「(;^ω^)!!」
「えへへ」

まあほほえましい話。
彼女は頭がいいね。
独創的。
毎日が誕生日って素敵だよね。
彼女の言葉を信じるならば、
毎日生まれ変わってる事になります。
おかしいかもしれません。
でも、この年頃の女の子って
そうなのかも。
見てると毎日が楽しそう。
毎日誕生日ってくらい、日々が素敵なんでしょうね。

で、小学生に翻弄されている俺がいる。
2006/05/09//Tue.
(^O^)ノ
くだらん事なんだが。
これを見た人は、
一言レスでも、空れすでもかまわんので
コメントして見ましょう。
そうすると、ほら、
左の「最近のコメント」のところみると
名前の横に(^O^)ノがついて
元気な人みたいにみえるんだ。

どうでもいいね。
どうでもいいんだよ。
でもさ、名前に\(^O^)っていれると
なんだか仲良しみたいになるんだぜ?

どうでもいいけどね。
最近考えすぎる。
頭がフリーズ寸前だ。
俺はブルース・リー先生の
「考えるな、感じろ」の名言を
忘れている。

2006/05/07//Sun.
gw
今更言うんだが
先月彼女と別れた。それについて
面白く書けと言われれば
書けるんだが、まだそんな気も起こらないので
また今度。

で、それを基に。
GWなんですが、
なんも楽しいことねんべな、なんて思ってた。
でも意外とイベントが盛り沢山。
楽しいお休みだった。
書ける事と書けない事がありんすが、
書けるトコロでいうと、
まずは、ママさんバレーのコーチ。
GWは男祭りだと思っていた中にあって、
急遽妹の依頼でやることになった唯一の華のイベント。
正直、余裕だと踏んでいた俺。
経験者だし、ママさんがなんぼのもんじゃいなんて思ってた。
でも、長年のブランクが俺の根拠のない
自尊心を粉砕骨折させた。
最初はね、挨拶まではよかったのさ。
可愛いママさんもいて楽しかったのよ。
でも、はじめてみると、どうも上手くいかない。
体が動かん。
もう可愛いママさん見てる余裕がない。
ボールばっか追いかける必死さ。
あれだ、例えると、
人にじゃらされてる時の猫の目。
もう必死さしか伝わってこない感じ。
結局、現在の筋肉痛と腕の痣しか結果として残っていない。

あとは、親父様と心霊スポットツアーに行った。
いい年したおっさん二人でだ。
幽霊がいるかいないかで真面目に語り合った。
夜中に森の中にオッサン二人が討論しながら
歩く姿は幽霊からみてもキモかったに違いない。

そんなこんなで全くゆっくりせずにGWは終わった。
よく考えるとまともに話した女は
母ちゃんと妹だけだ。

なんかいつもどおりで安心した。





2006/05/06//Sat.
おいで!マイハニー!!
今日はすっきりお目覚めだ。
機嫌もいい。
いい天気だし。

さて実家に帰って必ずやること。
動物達に挨拶する。
これは必ず帰省時にはやることだ。
動物たちにも礼を欠かさない。
俺は孔子の上をいった。
ちなみに、
実家には2匹の動物がいる。
雑種犬のハルに、貰われて来た猫のミー。

まずは犬のハル君から。
「ハルー!!コンニチハー!!!」
挨拶するとハルは勢いよくこちらに
駆けてきた。千切れるほどブンブン尻尾を振って
喜びを表現している。
「よおぉおぉしよしよしよしよしよしよし!!!!!
 お前はバカだけどかわいいな!!!!!」
流石は犬。愛情表現がわかりやすい。

さて、お次は屋内に生息している
猫のミー。
どこかな?
居間にいた。
毛づくろいしている。今がチャンス。
「ミーちゃん、こんにちは!!!」
挨拶するとミーはこちらを向いて目を細めた。
明らかに怪訝な表情だ。もう一度挨拶してみよう。
「ミーちゃんコンニチハ!!」
去っていった。
いかん。
ミーがニートになってしまった。
この家族を疎んじる態度。
ウチの子がまさか・・・
甘やかしすぎたのだろうか。

一日の様子をみると、
ほぼ家の中にいる。誰ともしゃべらない。
この子は家族とうまくやっているのかしら。
不安になる。

でもどうやら俺以外の家族とは
比較的うまくやっているようだ。
今妹の布団に乗って寝ている。
俺が嫌われているだけなのか。
そうか。
よかった。
この家にニートはいないんだ。
俺はほっと安堵の息を漏らす。



あー、地球に隕石降ってこねぇかな。
2006/05/05//Fri.
群馬に着いた
おいすー。
田舎に帰ってまいりました。
夜1時ころに。
もう眠い。

もう知らない世界に行きたい。
2次元の住人になりたい。
いや、アニメとかの意味でなくて。
平たい世界にでも行きたい。

しばらくストイックに仕事だけ
やって他のことを考えたくない。

ちょっとたまには暴言吐かせてくれ。
ナゲヤリに書かせてくれ。

もし、今世界に自分ともう一人しか生き残れない、
そしてその相手を選ぶとするならば、
今の俺は間違いなく
林家ペーを選ぶ。
そして罵倒しまくる。
あることないこと言いまくる。
俺の喉が枯れるまで。
ペーに罪はない。
ペーが悪いんじゃない。
俺がただご機嫌ナナメなだけだ。
ただただ、思ったことを書いているだけだ。
もう一度言おう。
ペーは何も悪くないんだ。
ただ、アフロに向かって
オモクソ罵倒したいだけなんだ。
そんなことをしたって
誰かが幸せになるわけじゃない。
間違いなくペーは悲しい顔をするし、
俺も後悔の念が残るだろう。

なんかしばらく人の笑顔が見たくない。
というか人が見たくない。
人以外のモノもみたくない。

人間不信。
完全な人間不信だ。


とここまで書いたらもうどうでも
よくなってきたので寝る。
暴言吐いたから
明日は普通に戻る。
今日の訳のわからん怒りは
消え去る。すっきりお目覚めだ。
たぶん明日の俺は博愛主義にもどってるぜ。

これだから人間て信用ならんな。 

2006/05/03//Wed.
ちょっと練習させてくれ

ゴールデンウィークに入り、
土下座エ門氏(全国参勤交代愛好会会長・27)
は、5日、6日と郷土(群馬県)に帰省すること
を決定した。
 土下座氏はこの時期の帰省を毎年行っており、
例年に従っての行程になる。帰省の決定に
際して同氏は、「昨年は『やべ、寝過ごしてもた』
を皮切りに、グダグダな帰省となった。本年は
昨年の反省を活かし、短期間ではあるが、スム
ーズに行ってまいる決意」と述べ、スケジュー
ル発表を行った。
 帰省先での主な予定は、祖母と会見、その後
昼食会、両親との懇談、犬の散歩、猫との戯れ、
ママさんバレーのコーチング、など。
 この発表を聞いた周囲の反応は「意思決定と
行動の期間が短すぎる。これでは昨年の二の舞。
グダグダになる」、「もう一度予定の練り直しを」
など、疑問の声があがっている。



つーことで田舎に帰ります。
で、誰か推敲を頼ム。



 

プロフィール

土下座エ門

  • Author:土下座エ門
  • 1986569代目 中村土下座エ門になりました。
    先代が退職したので代替わり。
    好きな味噌は赤味噌。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

template by 白黒素材