根腐れ草
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/29//Sun.
ゴールデンウィークに入ったが
こんばんは。
皆様におかれましては、
ご健勝のこととお喜び申し上げます。

さてさて、どうですか。
楽しく過ごされてますか。
ノリノリですか、
調子こいていますか。

調子乗りすぎると足元掬われっぞ。
俺なんかいつのまにか
チャリ盗まれてた。
調子こいてたらコレですよ。

しかしながら、
まあ結局長期休暇に入ると浮かれますな。
浮かれて外に飛び出たら大雨降られた。
大雨降られて買ったばかりの携帯が濡れた。
風邪もひいた。

やっぱり浮かれちゃいけない。
浮かれると死ぬぞ。気をつけろ。
足元すくわれっぞ。
スポンサーサイト
2007/04/26//Thu.
頭ってのは硬いもんだな
こんばんは。
皆さんお仕事お疲れ様。
学生さんは勉強頑張ってね。

そんな疲労が溜まる毎日。
今日も疲れた顔をした企業戦士たちを乗せて、
夜の千代田線は走る。
俺もそんな千代田線に乗る。
いつもどおりの満員っぷりに
疲労感は増すが、二駅我慢すれば
寝床へ帰れる。あと少しで寝れる。
電車に乗り込めば、俺の横に女子高生、
前にはOL。
脂汗でぐっしょりのオヤジどもに囲まれるよりは
いい環境。

ぼこっ

俺の肩に何か当たる。
その方を見れば、
立ちながら居眠りをするオヤジ。
こくりこくりと揺れる頭が俺の肩に。
「疲れてんだな」

ぼこっ

あ痛。なかなか硬い頭でいらっしゃる。
腰から上半身を傾ける最敬礼の「礼」の姿勢で
繰り出されるオヤジの頭突き。
なかなか痛い。

ぼこっ

あ痛、がまん。がまん。
良く見れば辺り構わず頭突きを繰り出している。
ブンブン頭をスイングする。
酩酊界の中村ノリ。
段々可笑しくなってきた。ぼこっ、痛い。
ぼこっ
「ぶふっ」やべ、声出てもた。
駄目だ。我慢極まれり。
なんでこいつこんなに揺れてんの。

ぼこっ
「ウヒっ」

笑いを我慢しきれない。
顔を真っ赤にし、涙を流し、声を漏らして
オヤジの頭突きを耐える。

ぼこっ、
「ヒッ」
ぼこっ
「フヒッ」
ぼこっ
「フヒッ、ブホッ」

頭突きと俺の奇怪な悲鳴が奏でるハーモニー。
周りからすればオヤジとオヤジのハーモニー。

ぼこっ「我慢できな」ぼこっ「駄目」ぼこっ、
「もうやめて、もうやm」、ぼこっ、「ふひっ」

そうするうちに隣りの駅につく。
さらに人が増える。
でも頭突きはとまらない。誰彼構わずぼこっどこっ。
暴走機関車、いやさ、もはやテロである。

ここで奇跡発生。
オヤジの周りは、俺以外全員女。
これは。こんな状況は。
さっそく頭突きを女性Aに。
さっ。女避ける。
遠心力をつけた親父の頭は俺に向かってきた。
ぼこっ、痛い。

しかし気になるのは近くの乳デカイ女性B。
オヤジとの距離、角度、どう考えても、
胸に当たる。

いけ、オヤジ。
エロ頭突きを繰り出せ。
そのまま胸に挟まればモアベター。
そのまま駅員に連れて行かれたらドンマイな。
頭突き界のインリン・オブ・ジョイトイ。

オヤジの頭はBに向かう。
ジョイトイ行くんだ。
サッ。
女避けた。

さすれば、頭突きは俺の方へ。
ボコッ、痛い。
エロイ事考えたからバチ当たった。





2007/04/16//Mon.
深い深い
静かな夜の公園。
いつもの見慣れた景色も
夜になれば異質の世界。
電灯は公園の地面を満遍なく照らそうとしているが、
それでも夜の闇の影響は強く、
光で多い切れない場所には
そこだけぽっかりと暗い闇が
口を開ける。
その公園のいたるところに
暗い部分が出来ている中に、
一際深い部分があることに気づく。
影は夜になれば、公園を覆い尽くすように
薄く広がっていくが、
その部分は真夏の影のように
濃く、固まっている。
見たくないものほど目に入る。
目に入るように仕向けられているのかも
知れない。
影も余りに濃度が高くなれば、
存在しないものも存在するように見える。
影は実態を持ち、少しずつ
その形を露わにする。
まるで近付いてくるかのような
その塊はうごめきながら
その存在感をこちらに示す。
もう目を逸らす事は出来ない。
一瞬の瞬きの内に、
その影は形を恐ろしいものにかえるかも知れない。
静かな夜に、何も音は聞こえないのに、
それが蠢く気配はボソボソとした幻聴となって
聞こえてくる。
確実にこちらに近付いてくる事がわかっていても
逃げることはしない。
この闇から出来た夜に
影から逃げることは無駄なことに思える。
ボソボソとしたものは
いびつな形をしながらも
生物のような歩きでこちらに向かってくるのに、
その頭らしきものは全くこちらを向いている様子はない。
相変わらずボソボソを音を立てながら
影は電灯の下まで来ている。


黒いゴミ袋で遊んでいた猫だった。
黒いゴミ袋を頭から被ってしまって混乱してた。
かわいいから食ってやった。
闇食べた。
俺の勝ち。

プロフィール

土下座エ門

  • Author:土下座エ門
  • 1986569代目 中村土下座エ門になりました。
    先代が退職したので代替わり。
    好きな味噌は赤味噌。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

template by 白黒素材